2012年10月07日

就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語


「従業員の幸福」「社会への貢献」「利益追求=株主への配当」といったバランスが取れているのが、理想的な企業の在り方であるはずですが・・・バブル崩壊、世界同時不況などここ20年で、我々を取り巻く(経済的)環境は年々悪くなっております。
企業(勿論大手も含む)も上記のバランスを保つのは難しく、従業員の幸福が蔑ろにされ、年々ブラック化しているのが現状といえるでしょう。

半分ネタとして購入しました。「就職先はブラック企業」と「うちの会社ブラック企業ですかね?」の2冊
IMG_0930.JPG
「就職先はブラック企業」はメーカー、IT企業、メガバンク、大手ファストフード、等々 20種の職種のブラックぶりが紹介されてます。これを元ネタにコミック化したのが「うちの会社ブラック企業ですかね?」です。
2冊とも読みやすくて、面白かったです。笑えない部分も多々ありましたが・・・幸福な人生とは何か? 

ブラック企業度診断 参考程度にどうぞ
↓ ↓
http://black-kigyo.jp/BC.aspx

ちなみに私の勤務先は・・・
--------------------------
ブラック労働環境率:27%
ブラック社員率:41%
ブラック経営者率:15%
ブラック企業率:28%
ブラック企業Level 3 /10 :ブラック企業と断定まではしにくいです。不満はおありでしょうが、隣りの芝生よりはマシかもしれません。
--------------------------
10段階でLevel 10が、ブラック度100%として、私の勤務先はLevel 3だから、まだマシなのか??

明日も生きるぞ!

面白かったらクリックよろしく↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン
ラベル:ブラック企業
posted by torashin.634 at 18:24| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

超訳 ニーチェの言葉


さて、久々に本のことでも書こうかな。

超訳 ニーチェの言葉 白取 春彦(編訳)1,785円 数ヶ月前、神田神保町の某書店で購入。
IMG_0745.JPG
昨今、流行りの“超訳”モノです。
100万部突破で、第2弾も発売されたようですが・・・。出版不況と言われるご時世に凄いですね。

確かに簡潔で読みやすい(所謂、名言集的なつくりで基本1ページ完結)し、その割りに含蓄のある言葉が多いのでちょっと悩んでる時などに読むと、少し気持ちが楽になることがありますね。
帯の「人生を最高に旅せよ!」も何か格好いい言葉ですねえ。

しかし、アマゾンレビューを見ると、けっこう辛辣なコメントもあります。要するに「これはニーチェの言葉ではない」「訳者の勝手な解釈だ」と言ったようなことですね。
確かに、「超訳」という言葉の定義が曖昧ですしね。そもそも国語辞典に載ってないよ。

時間の無い現代人(社会人)にとって、超訳で、比較的短時間で古典的名著に触れられるというのは、有難いことでもあるのですが、やはり原典からは遠くかけ離れてしまい編者・訳者の考えがかなり含まれてしまい別物になっているという現実はありますね。

つまり「超訳 ニーチェの言葉」ではなく「白鳥 春彦の言葉」にすれば、何の問題もなかったのでは(笑)。
内容は悪くないし、私的には、共感できたり、感動する言葉もいくつかあったんでね。
でも、「白鳥 春彦の言葉」では100万部突破は難しかったか・・・。

100万部って凄いよな。印税って5パーセントから10パーセントの間が相場らしいから、1,785円の5%として、かける100万=???? では、私も何か超訳モノを・・・無理だな。

応援クリックよろしく↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン
ラベル:超訳 ニーチェ
posted by torashin.634 at 06:24| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

WBCムエタイ&NJKF「KICK TO THE FUTURE 6」


9月22日(土)の夜は、後楽園ホールでキックボクシングを観戦してきました。

個人的に一番面白かったのが、第8試合WBCムエタイ日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
チャンピオン・日下部(左・緑のトランクス)VS挑戦者・宮元(右・白のトランクス)でした。 
IMG_0914.JPG
共に二十歳そこそこと若いですが、K−1甲子園などアマチュアの経験が豊富な為、技術的、精神的にもレベルの高い、軽量級とは思えない迫力ある試合でしたね。
全体的にはチャンピオンの日下部がイニシアティブをとっていたように見えましたが、4ラウンドに痛恨のダウン(スタンディングダウン)をとられたのが響き、判定負けでした。宮元が新チャンピオンに!

メインはWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王座決定戦
大和哲也(日本)VSポール・カーポウィッツ(英国)

WBCムエタイは、ムエタイの様式美に則り、入場時のモンコン(ヘッドリング)着用と試合前のワイクー(戦いの舞)を義務付けているようです。イギリス人とは言え、おそらく本場タイでの修行経験も豊富なのか、見事なワイクーを舞うポール選手でしたが・・。
IMG_0920.JPG

両選手とも、技術的レベルは高いのだが、何かかみ合わない展開のまま、最終5ラウンドへ突入してしまう。5ラウンドに大和が右のパンチでダウンを奪うが、ポールも立ち上がり首相撲に持ち込みタイムアップ。勝負の行方は判定へ。
IMG_0922.JPG
5ラウンドにダウンを奪った大和が見事新チャンピオンに輝きましたが、面白さという点では、いまひとつだったか。とはいえ、大和選手の“当たれば倒せるパンチ”は魅力的ですね。また見たいです。

さて、帰りは、友人達と墨田区立花のステーキハウス・デンジャーへ
22:00は過ぎてたのですが、けっこう並んでました。相変わらずの人気ですね。
ステーキセット200グラムとニンニク焼などを注文。
IMG_0923.JPG
ステーキはミディアムレアでニンニクを絡めました。スープはポタージュやデンジャースープ(ちょっと辛め)などを選べるのだが、この日はカレースープにしました。ライスにかけるといい感じ!?
美味かったぜ。キック観戦後にデンジャーステーキ、デンジャラスな一日でした!?


↓ ↓応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 格闘技情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン






posted by torashin.634 at 08:22| 東京 ☔| Comment(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

広い空@亀有


さて、この前の日曜日の夕方は亀有駅前のかめありリリオホール(イトーヨーカドー9F)へ

9/16 9/17の二日間に渡ってかつしか文学賞・大賞作品「広い空」の舞台公演が開催されてたんですね。
IMG_0908.JPG
住めば都と言うけれど こんな町 中々あるもんじゃない 電車を降りたその途端 懐かしいやら 温かいやら 自慢できるものは ないけれど 来てみりゃわかる この町のこと ♪♪
の歌で舞台がスタートしました。

ストーリーは、葛飾のとある商店街(イメージ的には立石かな?)の魚屋の娘ヒカルが、高校卒業後、フランス料理のシェフを目指し、渋谷のフランス料理店で働き出すが、ある事件により人間不信に陥ってしまう。しかし、職場の友人、幼なじみ、両親、商店街の人たちに励まされ、新たな夢に向かって行く・・・。

という分かりやすい展開ではありましたが、けっこう感動しましたよ(原作では主人公は男の子のようですが)。
延べ500時間を超える稽古、オーディションで選ばれたキャスト23名と東京ヴォードヴィルショー劇団員が加わっての2時間に及ぶ本格的な舞台でした。
ちなみにチケット料金は全席指定で1,000円(シンフォニークラブ会員は900円)と安い!
16日は、ほぼ満席でした。
舞台終了後、演出の佐藤B作さんが挨拶されてました。久々に見ましたが、お変わりなく若々しい?感じでしたね。

うーん、確かに葛飾って住みやすくておもしろい所だよな。

さて、私も来年のかつしか文学賞を目指そうかな!?

応援クリックよろしく↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン


posted by torashin.634 at 04:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

Grils S-CUP2011 & RENA


8月25日はシュートボクシング「Girls S−cup2012」 が開催されました。
本命RENAが優勝!!で幕を閉じたわけですが、私は見に行けなかったもので・・・。
8月末のある蒸し暑い日に腹いせにDVDを購入しました(笑)。
前年の「Girls S−cup2011」と「RENA」の2枚。
IMG_0863.JPG
RENAのDVDは初回限定のトレカ付きでした(左下)。ちょっと嬉しい・・・。

「RENA」のDVDは対神村エリカ戦4.24のエキシビションと11.23のタイトルマッチが見たいが為に購入したが、11.23のタイトルマッチが、ノーカット収録ではなく、ダイジェスト的に収録されてたのが残念。

「Girls S-CUP2011」は、注目の神村エリカ選手(上段真ん中)が見事優勝!!でした。
内容的にも、トーナメント1回戦、2回戦ともKO勝ち。特に2回戦のKOは凄かった!
左の倒せるパンチとムエタイ式のミドルキックが神村選手の魅力ですね(今年は初戦敗退で残念でしたが)。
もうひとつの隠れた注目カードどしては、RENAの妹分のMIOのデビュー戦?もあったのですが、こちらは意外な結末に・・。
にしても、解説が吉鷹、大江で、レフェリー、ジャッジが大村、平、津山と、SB黎明期から確立期のトップスターという豪華なメンバーでしたね。シーザー会長の挨拶もバッチリ収録されてます。
私のようなSB旗揚げ当初から見ていたアラフォー世代としては、たいへん懐かしい気持ちになりましたよ。

浮き沈みの激しい格闘技業界の中で、シュートボクシングも気づいたら25年以上の歴史を重ね、こうやって毎年女子の大会も開催してるんだから、凄いですよね。

ブックオフオンライン

にほんブログ村 格闘技ブログ 格闘技情報へ
にほんブログ村
posted by torashin.634 at 01:21| 東京 ☀| Comment(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。