2012年03月03日

TOURNAMENT 異種格闘技戦@新宿


新宿バルト9で映画を観てきました。

タイトルは・・・トーナメント
↓   ↓
http://tournament.jp/

2月25日から2週間限定でレイトショーのみ、上映時間45分、料金1,000円

空水流武術を軸に、空手、柔術、キックボクシング、軍隊格闘術、古武術、フリーファイトの猛者達の戦い20試合を収めた映像で、ストーリー展開は一切ない。
どこかの体育館の武道室のような所を舞台に、試合を行い優勝者を決めるだけ。。。

とのことでしたが・・・出演してる方達は、それなりに技も綺麗で、動きは見応えありましたが、やはり真剣勝負というわけには・・・・ちょっとアクション・殺陣のように見えてしまったというのが正直なところだったかな。

エンディングのクレジットで、戦う電通マン・大渡博之の名前があって、キックボクサー役が彼だったのかと終わってから気づいた。

ちなみに空水流武術で検索したら、何かHPがあるんですが、これって?
↓  ↓
http://ku-sui-ryu.com/

この映画のパンフレットは無いとのことなので、何故か見てもいない「麒麟の翼」のキーホルダーを購入してしまったよ(笑)。850円也。メダル部分がクルクル回転して格好いいぜよ。
IMG_0657.JPG


応援クリック 宜しくお願い致します。東京情報関係のブログがいろいろあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

ブックオフオンライン

posted by torashin.634 at 01:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ニーチェの馬@渋谷


渋谷のシアター・イメージフォーラムで映画ニーチェの馬を観てきました。
IMG_0643.JPG
上映時間154分 吹きすさぶ風、ほとんど会話の無い父と娘、疲れ果てた馬、そしてジャガイモ・・・とにかく印象に残ったのはこれだけです。一般的に映画はエンターテインメント、所謂・娯楽という認識を持っていたのだが、この映画は全く違います。その対極に位置すると言ってもいいだろう。
はっきり言って、全く笑える場面などないし、誤解を恐れずに一言で表せばひたすら退屈で暗い映画ということになるか。

154分と長い上映時間、殆ど変化の無い展開、しかし、退屈でありながら退屈でないという不思議な感覚に襲われたのは何故か?

世捨て人のような父だが、実は、生への執着は凄い「食べなければならない」というシンプルすぎる台詞。ひたすら、ジャガイモだけを食べ続ける毎日。
昔「くうねるあそぶ」という言葉が流行ったが、この映画は「くうねる」だけ! 一切の虚飾を剥ぎ取った画面から、逆に人間の生活の本質、生きることの根源的なことを問われているような気がしたからなのか。
とにかく不思議な映画でした。

渋谷なんて縁が無いんで久々でしたが・・・渋谷駅東口から青山学院方向へ歩いていくと、スタバがあって、その路地を入った所にありました。所謂ミニシアターです。 
IMG_0640.JPG

全国順次ロードショーとのことです。興味のある方は是非!
http://bitters.co.jp/uma/

次は同劇場で4月公開の誰も知らない基地のことを見る予定です。
というか既に1,200円で前売り券購入済み(笑)。

応援クリック 宜しくお願い致します。東京情報関係のブログがいろいろあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

ブックオフオンライン

ラベル:ニーチェ
posted by torashin.634 at 02:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

ALWAYS三丁目の夕日'64@錦糸町


〜どんなに時代が変わっても、夢があるから、前を向ける。〜

ようやく「ALWAYS三丁目の夕日'64」を観てきました。

第一作の封切りが2005年11月ですから、あれから6年ちょっと経ってるんだよな・・・。
ホント時が経つのは早い。

さて、今回の見所は、なんといっても「3D」でございます。
最初、ちょっと馬鹿にしてたけど、けっこう凄いです。見応えありました!

オレが、中学の頃だったか、20年以上前に「ジョーズ」も立体映画とかいって、映画館の入り口で雑誌の付録みたいなメガネ渡されて見たことあったが、あの当時に比べると格段の進歩だねぇ。
製作者の本気度が伝わってきましたよ。

で、ネタバレになるんで、ストーリーは割愛させて頂くが、今回は堀北真希演じる六子がキーパーソンとなってストーリーが展開していきます。
相変わらず、適度に喜怒哀楽が盛り込まれてて楽しめました。
個人的には、三浦友和演じる宅間先生の出番が少なかったのが残念、1作目・2作目ともに三浦友和の演技がけっこういい味出してて好きだったんだが・・。

東京タワーと夕日が三丁目の住人達を暖かく見守っているような構図も良かったですね。

さて、グッズですが、鈴木オートのクリアファイルと茶川商店のシャープペンシルを購入。
あと、3Dメガネですが、オレのようなメガネ常用者は、通常の3Dメガネではなく、写真のようなクリップ式レンズを購入して自分の眼鏡に付けて観ることになります(オレが観たのはTOHOシネマズ 錦糸町で他の映画館は分かりませんが)。
3Dメガネも夕日町3丁目へタイムトラベルする為に必要な小道具と割り切れば300円の割り増しなんて安いもの!?
IMG_0633.JPG

久々に値段に見合った映画を見た気がしました。満足!
もし、これから見に行かれる方には、2Dではなく3Dをおすすめします。


応援クリックよろしくお願いします!その他の東京情報ブログもいっぱいあります。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

ブックオフオンライン

ラベル:三丁目の夕日
posted by torashin.634 at 02:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。