2012年09月20日

広い空@亀有


さて、この前の日曜日の夕方は亀有駅前のかめありリリオホール(イトーヨーカドー9F)へ

9/16 9/17の二日間に渡ってかつしか文学賞・大賞作品「広い空」の舞台公演が開催されてたんですね。
IMG_0908.JPG
住めば都と言うけれど こんな町 中々あるもんじゃない 電車を降りたその途端 懐かしいやら 温かいやら 自慢できるものは ないけれど 来てみりゃわかる この町のこと ♪♪
の歌で舞台がスタートしました。

ストーリーは、葛飾のとある商店街(イメージ的には立石かな?)の魚屋の娘ヒカルが、高校卒業後、フランス料理のシェフを目指し、渋谷のフランス料理店で働き出すが、ある事件により人間不信に陥ってしまう。しかし、職場の友人、幼なじみ、両親、商店街の人たちに励まされ、新たな夢に向かって行く・・・。

という分かりやすい展開ではありましたが、けっこう感動しましたよ(原作では主人公は男の子のようですが)。
延べ500時間を超える稽古、オーディションで選ばれたキャスト23名と東京ヴォードヴィルショー劇団員が加わっての2時間に及ぶ本格的な舞台でした。
ちなみにチケット料金は全席指定で1,000円(シンフォニークラブ会員は900円)と安い!
16日は、ほぼ満席でした。
舞台終了後、演出の佐藤B作さんが挨拶されてました。久々に見ましたが、お変わりなく若々しい?感じでしたね。

うーん、確かに葛飾って住みやすくておもしろい所だよな。

さて、私も来年のかつしか文学賞を目指そうかな!?

応援クリックよろしく↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン


【関連する記事】
posted by torashin.634 at 04:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。