2012年06月22日

九龍城探訪 City of Darkness


最近、ふと九龍城のことが気になりまして、ネットで検索したら、いくつか関連の書籍がヒットしましたね。
中でも、一番面白そうだったのが、この九龍城探訪・魔窟で暮らす人々 税込み3,675円と安くはないが、得意の衝動買い(笑)。
215ページとボリュームたっぷりで、全ページに渡って、カラー写真(一部白黒もあるが)と、日本語訳での解説付きです。九龍城に興味がある方なら買いですよ。
IMG_0777.JPG
九龍城のイメージに付きまとう、闇・犯罪的な部分よりも、実際にこの中で生活を送っていた人々へのインタビュー、及び生活ぶりの写真が主な内容です。
住民の部屋の様子なども撮影されており、ちょっと狭そうだが、意外に普通の暮らしをしてる人も多かったことが伺え知れます。
また、九龍城の成り立ちから、1993年の取り壊し直前の様子などにもふれております。
最盛期には、33,000人が住んでおり、城内には雑貨屋、理容室、歯科医、クリニックやちょっとした工場などもあったわけで、これは紛れもなく「都市」ですな。

裏表紙です。この写真は、夕方、屋上に子供達が集まって遊んでいる様子ですね。
決して清潔とは言えない環境だが、何気に牧歌的な雰囲気も感じられる。
IMG_0779.JPG

プレイステーションの名作!?クーロンズゲートを思い出したよ。この本見て改めて思ったが、PS初期のゲームとは言え、かなり忠実に九龍城の内部を再現してたんだなぁ。10年以上前に、ほぼ毎日やってた時期があったが、結局クリアできなかったよ。まぁ、クリアするよりも、九龍城の中を探索してるのが心地よかったという、何か不思議なゲームだったな。

そういえば、中野ブロードウェイって、ちょっとクーロンの雰囲気あるよね。ちょっとした猥雑さがアジア的な感じでね。久々に行ってみようかな・・・。

応援クリックよろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ブックオフオンライン


posted by torashin.634 at 02:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。